慢性病

2005年(H17)年2月以降新しく全ての特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の文章の明示が義務付けられた。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が満了した1ヶ月後、製薬市場のおよそ割がジェネリックに取って代わるクスリもあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は各国で採用されているという現実があります。
高齢の方や慢性病をお持ちの方などは、極めて肺炎を発病しやすく治るのが遅い特徴があるため、予防する意識や早めの手当が必要です。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、不眠、憂うつ感、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの様々な症状が2週間以上続くのです。
万が一検査で危惧していた通りエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)と判明した場合、不足分の女性ホルモンを補充してあげる治療等で治せます。
学校や幼稚園等の大勢での団体生活の中、花粉症の症状が要因でクラスの皆と同じように外でパワー全開で走り回ることができないのは、本人にとって腹の立つことです。
体脂肪の量はさして変化がなく、体重が食事・飲酒や排尿等で一時的に増減する際、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少すると体脂肪率が高くなるのです。
WHOは、身体に害を与えるUV-A波の度を越した浴び過ぎはお肌に健康障害を招くとして、18歳以下の若人が日サロ(日焼けサロン)を使うことの禁止を広く世界中に勧告中です。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常が要因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因としては性ステロイドホルモンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB群の慢性的な枯渇などが大きいと考えられています。
食べ過ぎ、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的なストレス、老化などの様々な素因が集合すると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が衰えたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
基礎代謝量(kcal)とは睡眠中ではない状態で生命活動を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるのでオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、皮ふに悪い影響を与えるのです。
普通は水虫イコール足、こと足の裏に現れやすい病気だと思われがちですが、白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので、体のありとあらゆる部位に感染する危険性があるので注意してください。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの鎮圧、器官の覚醒などをコントロールしており、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんは動きが低減していることが分かっているのだ。
胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としては現在「大動脈バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の両者の治療法が高い確率で活用されています。