医学用語

はりを体に刺してもらう、という直接的な幾多の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと呼ばれている要は電気信号の伝達を招くと言われているようです。
30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患を指します(我が国では40才未満の女の人が閉経するケースを「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。
「とにかく忙しい」「わずらわしい様々な人間関係が多すぎる」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される因子はみんな違います。
学校など団体行動をするにあたって、花粉症のせいでクラスのお友達と一緒に外でエネルギッシュに行動ができないのは、本人にとってもさみしいことです。
肝臓を健康にキープし続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が衰退しないようにする、分かりやすく言えば、肝臓を老化させない対処法を地道におこなうことが重要だと言われています。
四六時中横向きのままでTVを見つめていたり、長い時間頬杖をついたり、かかとの高い靴などを毎日履くといった習慣は身体のバランスが乱れる誘因になります。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横になっていても燃えてしまうエネルギーのことですが、5割以上を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・多量の糖質を消費する脳で使っていると言われているようです。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、倦怠感、疲労感、食欲低下、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が見られます。
H17年2月から新しく特定保健用食品のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の日本語の文章の記述が食品メーカーの義務となっている。
いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男性に多く確認され、大抵の場合は股間の周囲だけに広がり、激しく身体を動かしたり、風呂から上がった後など全身が温まった時に激しい掻痒感に襲われます。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛んでいる量に比例するように深刻化する傾向があるということが明らかになっています。
ストレスが蓄積していく構造や、手軽なストレスケア方法など、ストレスに関しての基本的な知識を学んでいる方は、まだまだ少ないようです。
インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部位に何らかの理由でうつり、定着してしまう病気のことであり水虫です。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに感じられるという「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを利用したりすると聞けるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
クモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈瘤」という脳内の血管にできるコブが破れる事が理由となって罹患する病だと認識されています。